スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里帰り & MSD31番フルチョイス。

概ね8ヶ月ぶりの更新。

初めてのドールをお迎えして半年。そろそろ…里帰り、してみない?
ってことで、娘を連れて京都・嵯峨嵐山の天使の里に行ってきました。

奇しくも、行こうとしてた日がピンポイントに数年に一度レベルの大雪で、JR在来線が死んで岡山駅までたどり着くのに数時間かかったり予約してたバスが運休になって新幹線召喚する事態になったりしたのですが、それは置いておいて。

ドールの話題なので追記に。



嵯峨嵐山駅に着いて、5分ほどてくてく歩いて天使の里に到着。

とりあえず入館して、地下のショップへ。
当初の目当ては、銀系のシャギーストレートウィッグや和服系の委託商品があれば買おうかな程度だったので、ぐるっとひと回り。

あんまり収穫なかったな、ウィッグだけ買って撮影してようかな…それにしても、里限定ヘッド新作の31番のモデルの娘可愛いな、お迎えドレスのメヌエットシリーズも可愛い…と思いながらフルチョイスモデル眺めてたところに、店員さん登場。

店「何かお探しですか?」
鳥「フルチョイスの31番の娘が可愛いなって…里限定ですよね?」
店「そうなんですよ!31番の娘はとっても人気が高くて!今は里でフルチョイスするか天使の窓でコーディネートモデルをお迎えするしかないんです!」

中略(31番めっちゃ可愛いとかメヌエットめっちゃ可愛いとか10分くらい話す)

いつの間にかフルチョイスカウンターに座ってる。京都人マジ商売上手。2回目のフルチョイスとは言え、ほぼ(※1)ノープラン。まぁ、里ってめったに行けないしね?

フルチョイスが始まる前に、DAさんに「連れてきた娘もデスクに出しておいてあげてください」と言われたので、真夜を出して髪を梳かしてると、他の店員さんが近づいてきて、「この娘可愛いですね~!4番ヘッドちゃんですk…あれ、4番ヘッドじゃない?」「5番です…」「あっ…」「あっ…」みたいな一幕もあったり。
「資料はありますか?」と聞かれ、真夜のオーダーシート(※過去記事参照)を出して待機。

以下、フルチョイスの流れ。

1.サイズ
MSDの女の子一択。

2.スキンカラー
真夜と姉妹設定にしたかったのでノーマルかホワイトかで迷うも、ホワイトボディもいいよねってことでホワイトを選択。

3.ヘッド
31番ヘッド(F-31)を選択。

4.ウィッグ
真夜と対照にするために銀髪シャギーストレートにしようと思ってたけど、銀のシャギーストレートは店舗販売あるので、せっかくだしフルチョイス限定色にしようと選定。
いろいろ(主にシャギーストレートの色)試して、シャギーストレート・カッパーと、クールシャギーショート・スモーキーベージュを選択。

5.グラスアイ
店「今なら、追加オプション扱いで、造形村グラスアイを自分でチョイスできるんです!」
鳥「…一応見せてください。一応」
見事に深い青の16mmアイ6800円(税抜き)をオプションとして追加。通常チョイスは18mmの琥珀アイ。最初は赤系を想定してたけど、琥珀くらいの落ち着いた色も良いかなって。

6.まつ毛
目元は真夜と同じにしようとしてたので、ブラックの内向き。

7.メイク
後述。

8.ボディ
座りっ子は頑張らないと立ってくれないとわかってたので、通常ボディに。S胸かM胸で、S胸を選びました。他意はありません。

9.手
里限定の、指を揃えてる手。猫手は以前買ってたので今回は買わず。手の付け替えめんどくさくてやってないs

10.足
普通の足を選択。長い足も選べたみたいだけどね。

11.テンションゴム
少しきつめ。

12.お迎えドレス
メヌエットシリーズのMSD女の子版、可愛すぎでは?

13.里帰りサービス
真夜もやってないし、選ばず。DAさんも最初の娘以降はやってないとか。

14.お迎えセレモニー
自宅発送だよ?セレモニーはおうちでやるよ?

オーダーフォーム1枚目終了。ここまで40分くらい。
写真 2014-02-10 1 22 04

続いて、メイクの指定。

真夜の妹設定にするつもりだったので、アイライン・目頭の粘膜・アイシャドウ・下まつげは真夜のオーダーフォームを流用。色みをホワイト肌に合わせて抑えめに、眉の角度を微調整。
唇の色を濃いめ、チーク・シャドウをホワイト肌に合わせて。グロスも少し濃いめで。
追加で、泣きぼくろを入れてもらうことに。
最後に、全体のイメージを聞かれ、全く考えてなかったのでしばらく黙考。なんとかかんとか「儚げな姉とは対照的な元気な妹」的なアレをひねり出しました。どうしたその程度の妄想しかできないのか衰えたな。

ここまで40分くらい。+もろもろの説明・会計で、合計1時間半くらい。
写真 2014-02-10 1 23 09

フルチョイスに時間取られてあまり撮影できなかったので、次に訪れるときは撮影メインで行きたいですね。大丈夫、次はフルチョイスなんてしないから。時間がたっぷり取れるはず。

反省点としては、衝動お迎えに近かったので、事前の設定の練り込みが足りなかったこと。それに加えて、目元を真夜と同じにしたかったのに、資料を持って行かなかったこと。写真を用意するべきだった。

2ヶ月後が楽しみです。







(※1)後述しているように、真夜のオーダーシートは持参していたので、設定詰めていなかったとはいえフルチョイスするつもりが多少はあったことは否定できません。ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。